西穂高岳で雪山訓練 2019.11.23.3-24.

山行部

日程:2019年11月22日(金)-24日(日)
メンバー:会員11名
天候:晴れ

<アクセス>明石、三宮、尼崎⇒22:00 大津SA⇒11/23 2:15 新穂高登山センター
<コースタイム>【11/23(土)】新穂高登山口 9:35→11:08 西穂山荘→(テント設営)→西穂山荘テント場 12:05→12:24 丸山→13:32 ピラミッドピーク→15:43 西穂山荘
【11/24(日)】西穂山荘 6:00~独標 7:30~西穂高岳山頂 10:00~独標 11:45~西穂山荘 13:15 西穂高口駅 15:30~白樺平駅 16:00 下山

【11/23(土)】ここ数年アイゼントレの後の最初の雪山として 11 月の勤労感謝の日の連休辺りに木曽駒ケ岳に行っていた。しかし、毎年のことなので違う所に行きたいということから、一昨年? 辺りから西穂に変更したが天気が悪く、今年初めて行くことができた。新穂高ロープウェイでは笠ヶ岳から双六岳の稜線を始め周辺の山々が見渡せた。初日はピラミッドピークまでピストンすることになった。丸山を過ぎた辺りで出会った人が「雷鳥がいますよ、白い毛でした」と教えてくれたが、私たちは見つけることができなかった。今年は天気が良く、明神岳、前穂高岳など穂高周辺の山が近くに見え、ブロッケン現象も見ることができた。ピラミッドピークの下りはロープを出す練習をした。登山教室受講生は水作りなど雪山でのテント生活も学ぶことができた。(K)
【11/24(日)】4:00 に起床して真っ暗の中で準備します。朝食を食べているときに体調不良を訴えるメンバーがいるとこが分かり症状を聞くと
「高山病」かも、とのことで登頂組と下山組に別れて行動することになりました。急にロープウェイで高度を上げたことが影響しているようでした。
少し薄暗い中を出発し、順調に独標に到着。初日はあれだけしんどかったのに今日は思ったほどしんどくなくコースタイム通りなので余裕に思っていました。しかしそこからが雪が増えて雪と岩のコンディションになり、1 時間遅れで西穂高岳山頂に到着。それまで見えていた景色が山頂に着いたときには雲でなにも見えなくなってしまいました。景色も見えないので早々に下山しますが、山頂直下の急な岩場で苦戦してしまい時間がかかりました。その後は順調に下山し、西穂山荘で名物のラーメンを食べてロープウェイで下山しました。天気が悪い予想でしたが天気も良くて暖かく、雪山とは思えないコンディションでした。(T)
<コース状況>岩と雪のミックス。山頂の展望がよい。
<特記事項>ヒヤリハットなし。

今年は雪がないです⁉