岩登りA・蓬莱峡

神戸中央山の会例会風景山行部

<日程>2018 年10 月20 日(土)天候:曇りのち晴れ
<参加者>  会員12 名
<アクセス>宝塚バス亭9:20→蓬莱峡→宝塚バス亭16:00

宝塚へ向かう阪急電車の窓から山のほうに目を向けると薄黒い雲がかぶっていた。今回、岩A は2回目の参加。雨が降らないことを祈りながら、蓬莱峡に到着。午後からは晴れ予報、午前中もなんとか雨は降らずにいけそう。蓬莱峡は何度か訪れたことはあるが、台風の影響で川の流れ、河原の形状が変わっていた。ビレーヤーの足元の岩の下にも水が流れており、ザイルが濡れるため、ザイルの下にシートを敷かなければいけない。総勢12 名なので3 班にわかれる。私はB 班で福田SL のもと4名。トップロープを3 本張り、3 ルートを順番に午前中で1 人3~4 本登る。
昼食後は懸垂下降。順番がくるまで1 本登り、懸垂下降の順番がきた。久しぶりのうえ、実はバックアップは教えてもらったことはあるが、今まで直付けでやっていたので、変に緊張する。プルージックが効きすぎて、ぎこちなく下降。理論がわかれば、安全にバックアップは必要だと思った。夕方15 時に終了し宝塚駅で解散。時間のある人9 名で宝塚駅のラーメン屋さんで反省会。いろいろと会の話を聞けて、今後が楽しみです。西田CL をはじめスタッフの方、参加した皆様、ありがとうございました。(丸山)