小川谷から六甲最高峰 2020.6.6

ハイキング部

日時:2020年6月6日(土)
参加者:会員4名
天候:曇り時々雨
コースタイム:神鉄有馬口駅8:55→逢山峡9:45→極楽茶屋跡11:20→六甲山頂12:15→12:30昼食→一軒茶屋13:00→五助山への分岐15:00→石切道登山口15:15

 久しぶりの登山です。リハビリ登山と言うことで、出発地点の標高が高めの300m付近で、林道が多めの道を歩きました。逢山峡までの道はアスファルトになっており、道中は道脇に咲くお花や蝶々、田んぼのオタマジャクシの写真を撮りながら歩きました。コロナ影響で約3ヶ月ぶりの本格的な外出で、季節がすっかり変化したのを凄く感じました。逢山峡の脇道を歩いているときに、沢歩き装備を身に付けた団体が歩いているのを見かけました。
 極楽茶屋跡に到着する前1時間程は、急な登りでした。極楽茶屋跡を経て1時間程歩き六甲山頂に到着し、昼ご飯休憩をしました。天気は曇りで景色は残念ながら殆どありませんでしたが、程よい疲労感と達成感で昼ご飯がとても美味しかったです。しばらくして他の登山コースから来た会員と合流し、記念写真の撮影を行いました。
 小一時間程山頂を満喫した後は、一軒茶屋跡を経て七曲りを降りました。下山は当初予定していた雨ケ峠から阪急芦屋川駅に出るルートから変更で、石切道登山口へのルートを辿りました。途中の急な坂道とはしご、沢渡りが滑りやすく少し怖かったです。

<コース状況>小川谷にて倒木、落石が目立ちますが、トレースは明瞭です。
<特記事項>ヒヤリハットなし

田んぼにオタマジャクシが沢山いました
テイカカズラ ビナンカズラ
ヒメウツギ
猪ノ鼻滝
イワカガミ
山頂トイレの新設工事の様子