火伏せの神様にお参りしよう 京都北山・愛宕山924m

ハイキング部

<日 程>2018 年10 月21 日(日)天候:晴れ
<参加者>会員10 名
<アクセス>阪急嵐山駅9:00 集合 嵐山駅⇔清滝は路線バス
<コースタイム>清滝バス停9:33→9:45 二の鳥居→11:38 水尾分かれ→12:20 愛宕山12:28→12:35愛宕神社社務所(昼食)13:08→13:22 三角点13:37→14:17 愛宕山ケーブル駅舎跡14:32→14:37水尾分かれ→15:34 二の鳥居→15:46 清滝バス停
<登り>実走2:35 山と高原地図2:40 <下り>実走1:23 山と高原地図2:00

観光客で賑わう嵐山からバスで15 分、都市伝説で有名な清滝トンネルを抜けると東海自然歩道が通る小さな秘境村落があって、ここが愛宕山の登山口になります。日本300 名山で山頂には愛宕神社があり、明智光秀が本能寺を攻める際に愛宕神社のオミクジを引いて決心した事で有名(日本山岳会HP)だそうです。

台風の被害で予定していた下山道が閉鎖され、表参道のピストンとなりました。標高差800m距離4km の一本道です。表参道でも幹の直径が1mもある大木が何本も根元から倒れ、未だ何本かは登山道をふさいでいました。そんな中、登りは順調でほぼ山と高原地図のコースタイム通り。互いの会話も弾んでいました。ちょっと聞き耳を立てると、今日のO さん(♂)オデコが可愛い・・・とか・・・。
登山道は針葉樹林帯で眺めはありませんが、三角点まで行くと京都の町が一望できます。登山道の途中にはケーブルカーの駅舎跡があって廃墟マニアにはたまらない場所でしょう。
気が付くとバスの時間が・・・無茶なスピードは出してないが下りは皆真剣で会話なし。下りのコースタイムは山と高原地図の約70%。1 時間に1 本のバス出発4 分前にバス停到着でした。

阪急嵐山駅で解散したら近くの自販機でビールを買って乾杯!! 駅に着く直前バスの車窓から目ざとく酒屋を見つけていました。さすがCL です。(飯島)

<コース状況>登山道の倒木は切断・撤去等復旧工事が進んでいます。一方、登山道の上側斜面には枝が他の木に引っかかった状態の倒木があり、枝が枯れると登山道まで落ちてくる可能性もありました。しばしの間は注意が必要かと思います。
<特記事項>ヒヤリハットなし。