虚空蔵山 2021.8.8

ハイキング部

日時:2021年8月8日(日)
参加者:会員8名
天候:晴れ
コースタイム:JR 藍本駅9:30→酒垂神社→登山口10:15→虚空蔵堂10:50→虚空蔵山12:00→八王子山13:00→JR 草野駅14:00

 藍本駅でIさんの丁寧なストレッチ体操を済ませ、SL のAさんを先頭に出発する。コース沿いの石段を登り、酒垂神社で今日の登山の無事を祈る。登山口まではアスファルト道路で日影がなく、太陽が体を遠慮なく加熱してくれる。舞鶴道路をくぐり抜けて登山口に入ると樹林の中となり木陰で休憩、水分補給をする。太陽は隠れたが登りと無風とで体温が急上昇。先ほど補給した水分が汗に変容し、体から噴き出している。ほとんどサウナ状態。
 虚空蔵堂は古びているが立派な作り、傾斜は緩いが連続する登りが続くと、表題の明石海峡大橋が見えるであろう展望台に着いた。暑さに空気が白く揺らぎ、大橋は見えなかった。木陰で昼食を摂る。飲水はガンガン汗として放出される。膀胱には回らないようだ。60%ある体の水分が全て入れ替わる感じがする。そう思うとこの暑さも気持ちがいい。
八王子山の分岐で近道を選択して草野駅に向かうが激下りだった。途中のため池で大休止し、火照った体をクールダウン。草野駅には自販機がない。そのため、鼻の先に陽炎のようにぶら下がっていたビールにはありつけなかった。幸い、乗り込んだ電車はクーラーが効いており清々しく、今日の例会の充実感を味わいつつ、尼崎までの車窓を楽しんだ。(原田)

<コース状況>登山道路は整備されているが、各ピークに色んな踏み後があるので、進行方向に注意が必要。
<特記事項>ヒヤリハットなし。