焼岳 2020.2.23.-24.

山行部

<日 程>2020年2月23日(日)-24日(祝)天候:曇り、晴れ
<参加者>会員3名
<アクセス>JR尼崎10:00 →中の湯温泉17:00

神戸中央山の会 初厳冬期の北アルプスということで少し気持ちが引き締まります。
23日午前10時JR尼崎駅出発。ナビでは14時頃到着予定。時間も少しあることだし飛騨高山の街に寄り道することになり、小一時間散策した後今夜のお宿中の湯温泉に向かいました。
途中から路面が凍結し始め立ち往生する車が路肩に続出、慎重に車を走らせました。宿手前数キロは冬季閉鎖でゲートが締めてあり宿に連絡を入れてゲートを開けてもらう予定でしたが当日降った雪のせいで4WDでチェーンがないと上がれないということでゲート前に車を置いて送迎車に荷物を積み変え宿まで連れて行ってもらいました。17時頃到着。
24日天気は快晴。超快晴。風速15mの予報。6 時15 分宿の裏手にある登山口からスタート。積雪は2m以上あるかと思われます。ゆるやかなアップダウン、急登、激下りを繰り返し2 時間半ほどで広場に到着。広場を少し過ぎた辺りで前を歩いていた3 人組がアイゼンからワカンに履き替えていましたが私たちはそのままアイゼンで進むことにしました。そこから山頂までは急な登りのみ。
そして踏み跡がないためワカンの3 人組と一組になって先頭を順番に交代しながらラッセルラッセル・・・山頂直下で岩とのミックスになってきた為ワカンの3 人組と別れ単独で進みました。
お先にどうぞがモットーの私たちがなんと先頭を切ってしまった‼時折吹く風速15mはあるかと思われる強風に負けることなく10 時45 分山頂に到着。白山・乗鞍・穂高・槍ヶ岳・霞沢岳・・・それはそれはすばらしい眺望でした。あんなにつらかったラッセルの登りも下りはあっと言う間。13 時15 分宿に到着。
CLの運を使い果たしてしまったんではないかと心配になるくらいの素晴らしい天気に恵まれ、厳冬期の北アルプスでしたがとても穏やかな山行になりました。

<特記事項>ヒヤリハットなし。