杣谷・掬星台(摩耶山699m) 2020.2.8.

ハイキング部

日時:2020年2月8日(土)
メンバー:9名
天候:曇り

<コースタイム>阪急六甲 9:00→9:15 護国神社(体操)9:25→9:47 杣谷堰堤→11:03 摩耶観光ホテル跡→12:40 掬星台(昼休憩)13:00→天狗道〜13:32 老婆谷東側の尾根→15:17 老婆谷→15:24 行者小屋跡→青谷道〜6:08 摩耶山青谷道登山口(体操)

今日は、「山と高原地図」に載っていない「登山道じゃないルート」をたどります。汚れても、かぎ裂きしても惜しくない服装で臨みます。杣谷堰堤から摩耶ケーブルの虹の駅に向かい、前半のハイライトである「神戸のマヤ遺跡」といわれている「摩耶観光ホテル」の廃墟へ。ケーブルカーも道路もない時代に、立派な建造物を造った昔の人たちの熱意に驚きと感動しきりです。この後、CL はハーネス、他は簡易ハーネスを装着。
昼食の後、天狗道の途中から老婆谷に向けて尾根を降りま す。急斜面に落ち葉が分厚く堆積していて、木の幹や露出し た岩を手掛かりにして慎重に降りて行きます。途中、CL が用意したハイキングロープを使いクレイムハイストで降ります。何個所かでロープを使ったので、予定より1時間遅れて下山 しました。
足元を確認しながら歩くのが精いっぱいで、読図とかルートファインディングにはまだまだ技量不足ですが「原登」という初めての山歩きスタイルを体験して、その魅力にハマりそうです。「こわ楽しい」ワクワクした 1 日でした。(T)
<コース状況>老婆谷東側の尾根は、急斜面に落ち葉が分厚く堆積していて、滑りやすい。
<特記事項>上記尾根で足を滑らせ、落ち葉の上を 10m程滑り降りるヒヤリハットあり(怪我なし)。
5 ㎜のハイキングロープ(会のルールが決まる前に購入したもの)は、2 本束ねていても握り辛い。