八ヶ岳集中 赤岳文三郎尾根 2020.1.11.

山行部

厳冬期雪山 八ヶ岳集中1班1日目

日時:2020年1月11日(土)
メンバー:会員8名
天候:晴れ

<コースタイム>【1/11(土)】8:40 やまのこ村出発→11:40 行者小屋到着・テント設営 13:00 出発→ 15:20 赤岳登頂→17:00 行者小屋
【1/12(日)】4:00 起床→6:30 出発→8:30 取付き→10:40 阿弥陀岳山頂→12:10 行者小屋→16:00 やまのこ村
【1/13(月)】6:00 起床→帰神

今回の山行は、山行部恒例行事・赤岳集中登山として、また雪山登山教室としての山行でした。
【1/10(金)】夜、原田号、羽渕号それぞれで集合し駒ヶ岳 SA へ。西田班と合流。幕営。
【1/11(土)】早朝 SA 出発。美濃戸口で西田班メンバーを乗せ、やまのこ村まで車で移動。ここで西田班とはお別れ。準備を整え出発。積雪は少ないもののアイスバーンになっていたため、最初からアイゼンを装着。行者小屋まで重い荷物を担いでゆっくりあがりました。美濃戸口では車が多く、テント場の混雑を心配しましたが、6 人用テントが余裕で張れました。アタック装備を整えて赤岳へ向けて出発。当初出発が遅くなったため時間で引き返すつもりでしたが、この日は風もなく快晴で天候が安定していたため、多少下山時間が遅くなっても問題ないだろうとの CL 判断で「時間を気にせず登

頂しましょう!」の掛け声のもと、山頂目指し頑張りました。硫黄岳・天狗岳はもちろん美ヶ原など南アルプスの山々がとても奇麗に見え、とても気持ちよく登れました。
夕食はクリームシチューとフランスパンという少々オシャレなメニューでした。ちなみにフランスパンは長いままザック横にさして登ってきたため、対向者の方々の話題になっていたとか……。