黒岩尾根・掬屋台・上野道 2019.6.23.

ハイキング部

夏山登山教室トレーニング歩荷トレ 

日程:2019年6月23日(日)
天候:晴れ
メンバー:40名

(1班)
<参加者> 6 名
<アクセス>新神戸駅集合 8:45⇒上野道登山口到着 14:00
<一班コースタイム>新神戸駅集合出発08:45→9:00(途中の広場で挨拶と体操)9:15→10:00 桜茶屋→10:15黒岩尾根(天狗道)登山口→12:05 摩耶山展望広場で昼食→12:35 掬星台 12:45→14:00 上野道登山口到着(体操して解散)
<感想>夏山登山教室もあと二回で終わり、いよいよ来月は奥穂高に出発します。黒岩尾根は、何度もアップダウンの繰り返しがあり、歩荷トレーニングには、最適ですが、堪えます。しかし、SL 先導のペースに遅れることも無く歩く受講生の姿は頼もしささえ感じました。(M)
<コース状況>良好、初級者用登山道
<特記事項>なし
(2 班)
<参加者>会員 6 名、受講生 2 名 計 8 名
<コースタイム>新神戸 8:50→10:00 桜茶屋→10:15 黒岩尾根入り口→11:00 神戸市境界石→12:00 緑と風の丘(昼食)12:15→12:40 掬屋台→14:00 神戸高校北側
梅雨入りが遅れて、空模様が気になっていましたが当日はきれい晴れました。黒岩尾根では、SL の淡々とした歩みと CL の的確な指示で歩きやすく楽しい山行となりました。 奥穂もこのように、楽にのぼられるのか?と思いながら。
未だ歩いたことのない山に、思いを馳せる山行となりました。(U)
(3 班)
<参加者>8名
<コースタイム>8:45 新神戸→10:00 桜茶屋→10:15 黒岩分岐→11:30 摩耶へ分岐→12:00 アドベンチャールート分岐→12:05 日時計公園(昼食)→12:35 摩耶山上→13:00 天上寺→13:04 見晴らし台→14:00 到着
5 月初め軽いギックリ腰になり、前日のテント泊体験からの参加で、体力的に大丈夫かと不安でしたが、なんとか気候も暑すぎず、前半の急登も克服できました。帰り、上野道と天狗道の分岐で道を間違えかけました。注意が必要でした。歩荷はきついですが、それを乗り越え夏山の素敵な景色を見るべく歩荷トレを完走でき安堵しました。(O)

(4班)
<参加者>8名
<コースタイム>8:45 新神戸→9:00 公園→10:00 桜茶屋→10:25 黒岩尾根分岐→12:25 掬星台→14:05上野道登山口
雨の気になる 1 日でしたが、雨に遭うことなく、清々しい新緑に癒されながらメンバー一同、黒岩尾根の長い急登をじっくりと味わいました。途中の休憩で頂いた凍らせたフルーツは、とても美味しく疲れた身体に染み込み、活力となりました。ランチタイムでは歩荷時の行動食やご飯について先輩よりアドバイスをいただき、これからの夏山登山の参考になりました。(M)
(5班)
<参加者>会員 8 名
<アクセス>神戸駅 8:45⇒桜茶屋にてテント泊チームと合流 10:00⇒ゴール
<コースタイム>新神戸駅 8.45→公園(体操)→桜茶屋 9:47(テント泊チームと合流)→9:57 出発→10:13 黒岩尾根登→12:10 日時計がある公園にて昼食→12:30 出発→掬星台にてトイレ休憩→ 14:08 ゴール
過ごしやすい天候であった。黒岩尾根の急斜面の山道は階段が設置され整備されていた。驚きとあの急斜面がなくなったことは残念だった。ささ百合、山つつじ多くの緑を見ながら心身の保養ができた。(A)