熊野古道 小辺路(こへち)

神戸中央山の会例会風景ハイキング部

ヤマレコ転載、「山行記録」更新予定です

日時:2019年04月09日(火) ~ 2019年04月10日(水)
メンバー:会員5名
天気:晴後雨

<アクセス>4/9(火)南海難波駅8:00 集合⇒高野山
<コースタイム>
【4/9 (火)】10:30 千住院橋→11:30 薄峠→14:00 水ケ峰分岐→16:00 太股バス停 (津田旅館泊)
【4/10(水)】8:50 太股バス停→9:40 萱小屋跡10:40→11:15 太股バス停⇒タクシーで高野山町
【4/9 (火)】
桜は満開、春爛漫の登山日和で千住院橋から登山を開始した。途中急な登りもあったが全体としては穏やかな登山路で快適なトレッキングコースであった。太股には予定通り5 時間半ほどで到着し、旅館でゆっくりと英気を養うことができた。
【4/10(水)】
前日とは打って変わり天気は大荒れで、風雨が強く登山には不適な朝となった。スマホで雨雲の動きを何回もチェック、登山開始を7時から9 時にずらして宿を出発。50 分ほど登り萱小屋跡に到着した時分に風雨が一層強くなったため小屋に避難した。焚火をして暖を取り、1 時間ほど様子を見て全員一致で中止と決め太股に引き返した。楽しみにしていた3 泊4 日の小辺路縦走を断念することは残念ではあったが万一の場合を考えると正しい判断であったと思う。(K)
<特記事項>ヒヤリハットなし。