篠山・金山540m

ハイキング部

<日 程>2019 年3 月17 日(日)
メンバー:8名
天候; 曇り・雨・晴れ

<アクセス>JR 三ノ宮駅南側ロータリー8:00⇒9:00 追入神社駐車場
<コースタイム>登山口9:20→大乗寺道分岐9:50→鬼の架け橋10:10→金山山頂10:20→鐘が坂峠11:00→大乗寺道分岐11:30→大乗寺登山口11:50→昼食12:00

朝からあいにくのお天気で三宮を出発。途中結構な雨になってきましたが、登山口に着く頃には小雨になり、レインウェアで登山開始。整備されて標識も多い登山道を40 分ほど登ると「鬼の架け橋」に到着しました。その頃には太陽も出てきて、みなさんお決まりの岩を持ち上げるポーズで記念撮影。
岩の上にも登られますが、かなり高度感があり怖かったです。架け橋の下を通り抜けられると思っていたのですが、岩の向こうはガケで行き止まりでした。「鬼の架け橋」から往復15 分程でピークハントし鐘が坂峠へ。案内板がありましたが、晴れた日には滋賀県の山まで見られるそうです。また雨も降ってきたので急いで下山し、大乗寺の山門を少しお借りしての昼食。その後、追手神社で日本一のモミとされる「千年モミ」、見頃を迎えていたユキワリイチゲ、ニリンソウなどの山野草を楽しみ、ユニトピアささやまで汗を流して帰神しました。
<コース状況>大乗寺道分岐から鐘が坂峠方向へは倒木が有り斜面に沿って道も細く要注意。
<特記事項>ヒヤリハットなし。