八ヶ岳 阿弥陀岳北稜

山行部

<日 程>2019年1月13日(日)天候:快晴
<参加者> 計6名
<アクセス>三ノ宮・尼崎各集合場所→美濃戸口山荘駐車場
<コースタイム> 行者小屋6:00→中岳のコル登山道6:50→阿弥陀岳9:05→9:23中岳のコル→10:00行者小屋 
2泊3日の赤岳集中登山今回は縦走チームとバリエーションチーム2班に分かれての行動です。初日はちょっとしたハプニングに見舞われ出発時間を遅らせ地蔵尾根から赤岳コースの予定を断念。この日は行者小屋でテントを張りまったり~。そして本日いよいよ憧れの雪山バリエーション阿弥陀岳北稜にアタックです!気合を入れて行者小屋を6時に出発。ヘッドランプの明かりを頼りに林の中を進んでいくと早々に急登が、前日の疲れが残った足が重たく感じ空荷でも応えます・・・そうして息を切らせ登っていく間に段々と空が明るくなり朝日に照らされた山が美しく、朝日に染まった雲海に浮かぶ富士山に感動です。絶景を愛でながらいよいよ本日の核心部に到着。私たち神戸中央チームが一番乗り。青空が広がり快晴、風もほとんど吹いてない。言うことなしです。後は頑張って登りきるだけ。Kさん、Nさんリードで第一岩峰の奥と手前に2ルートに分かれ登ります。私は手前のルートをNさんにリードしてもらい後に続きます。、今年は雪が少ないようでいい感じに手掛かりがあり離陸は成功、しかし垂直な雪の付かないとこよりも雪が着いた急斜面の方が厄介な感じで、しっかりとつかめるところがない、ピッケルもなかなかいい感じにかからず苦戦。そしてなんとか1P終了。2P目は1P目ほど悩むことなくクリア出来ました。3Pはコンテで進み阿弥陀岳山頂に到着。360°の絶景が広がり私達の登頂を祝ってくれているように思いました。KさんNさんの次の山行の下見に北西稜方面をちょっと覗きに。下山は中岳のコルを降りました。阿弥陀岳から中岳のコル分岐までは激下りこの日一番難所ではと思うほどです。そして本日の山行終了。早い時間に行者小屋に帰り着いたので頑張ったご褒美に行者小屋ラーメンをみんなで食べて後はテントでゆっくりまったり過ごしました。
経験浅い私が阿弥陀岳北稜登頂出来たことは登山教室で指導いただいた方々と、この山行でサポート頂いたCL川口さんを初め参加された皆様のおかげです。大変お世話になりました。ありがとうございました。(E.S.)
<コース状況>例年より雪が少なかった。
<特記事項>ヒヤリハットなし