岩登りA  蓬莱峡 2024.4.20

日時:2024年4月20日(土)
参加者:会員4名
天気:晴れ後くもり
アクセス:阪急宝塚駅 バス停:9:07⇒9:20 座頭谷バス停
コースタイム:9:20 座頭谷→9:26 蓬莱峡14:10→15:42 生瀬駅
URL:https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-6681852.html

 阪急宝塚駅でバスを待っていると宝塚だんじり2 台の勇壮な練り歩きをみることができた。祭りのためか蓬莱峡でクライミングしたのは、私たちと他の1 グループのみでスムーズで効率の良い講習ができた。講習内容は岩B検定チェックシートにそって、クローブヒッチ、ロープのまとめ方、トップローブクライミングの登る前の確認・コール・ロアーダウン、リードビレの立ち位置・ロープの出し入れ・フォールの確保、さらに修了点結び換え、懸垂下降、支点構築を受講した。
 この講習で特に勉強になったことは下記の点です。
・トップローブビレの動きが昔の方法らしく修正ができた。(右手でロック、左手を確保器の下、右手を左手の下までスライド)
・リードビレのロープの出し入れのタイミイグとロープの張り具合は、クライマーの動きをよくみて出し入れをすること。ロープを張り過ぎてないこと。立ち位置は1 ピン直下1M以内で近くに。
・確保器のセットは安環カラビナにゲート左(右利き)、確保器のギザギザ下。
今回の講習は指導者2 人、同期のスタッフ1 人、生徒が私1 人ということで今まで気付かなかった間違いなども指導を受けられ大変充実した講習となりました。岩B検定を受けるにはまだまだ練習が必要と改めて実感しましたが練習を重ねて検定を受けたいと思います。(Ko)

<コース状況>岩は乾いていた。
<特記事項>ヒヤリハットなし。

クローブヒッチとロープのまとめ方(一本締め)の復習
トップロープクライミング検定項目復習中
2回目の懸垂下降、オートブロックヒッチが適切だったのか、スムーズに降りれた。

コメント

コメント