八ヶ岳集中 大同心奥壁登攀 2020.1.11.-12.

山行部

日時:2020年1月11日(土)-12日(日)
メンバー:会員3名
天候:晴れ/曇り

北沢を行く

<コースタイム>
【1/11(土)】やまの子村駐車場→赤岳山荘→赤岳鉱泉→大同心沢分岐→幕営地大同心基部→大同心ルンゼ奥壁→大同心基部→幕営地
【1/12(日)】幕営地→赤岳鉱泉→やまの子村駐車場→立場川キャンプ場(幕営)
【1/13(月)】帰神

大同心が見える

6:10 やまの子村駐車場を出発。美濃戸山荘の分岐を北沢方面へ進路をとり、まずは赤岳鉱泉へ。南沢コースに比べて急登は殆どなく、緩やかな道程です。林の中を進み沢筋に入ると視界が開け、眼前に大同心が現れました。さらに歩くとその右手に小同心。

赤岳鉱泉と大同心

8:30 赤岳鉱泉に到着。まだアイスキャンディーの周りに人影はなく、小屋の前はテント設営や装備を整えている人々で賑わっていました。長い休憩の後、このまま幕営予定地の森林限界付近までハイクアップ。2 度ほどルートを外れてしまい、復帰に体力を奪われてしまいましたが、予定とは違う形で目的の大同心稜に取り付くことができました。大同心沢から大同心稜へは右岸に大きく曲がった木があり、その手前に左に入る道がありました。

大同心沢
2500mで幕営設置

11:00 前に幕営地にたどり着きテント設営、身軽になった我々はそのまま大同心へアタック。辛い荷揚げから解放された反動で、軽やかに大同心基部へ。真っ青な空をバックに大迫力の大同心が素晴らしい。基部からは大同心を右へ巻くようにトラバース、目の前に古いハーケンが二つ、少し進むと比較的新しいハンガーが一つあったのでそれを支点にロープを張り、CL を先頭にひとりずつ慎重に通過して行きました。ルンゼに出てからはロープを纏め、フリー登攀。登りながら雪と氷に隠された帰りの懸垂用支点を掘り出しておきました。12:00 過ぎには行程を終え一息つく。
体力に余裕があれば稜線に出た後、横岳に向かう予定でしたが、時間もないということで下降開始。懸垂下降のために 2 回、トラバースでロープを出し、少々時間を要しましたが 16:00 にベースキャンプに到着。

アタック開始
小同心をバックに
阿弥陀をバックに
取付き点手前
トラバース
1P目登攀
2P目 登攀
阿弥陀をバックに懸垂降下

夕食は CL 特製ビビンバ、ご飯もこれ以上ないくらい上手く炊け、辛みが利いていてすごく温まりました。翌日は天気が崩れるということもあり早めに下山。会の他パーティーと無線連絡を取りつつ立場川キャンプ場での合流まで時間を潰す。阿弥陀岳南稜チーム、赤岳阿弥陀岳チームとは合流できましたが、赤岳主稜チームとは合流できず、翌日下山して帰神するとのことでした。
今年も無事、八ヶ岳集中登山を終えることができました。(K)