山頂の展望は雄大で有る「大野山」 2019.9.8.

ハイキング部

日時:2019年9月8日(日)
メンバー:会員11名
天候:晴れ

<アクセス>JR三ノ宮駅南側ロータリー8:00⇒9:15西軽井沢登山口
<コースタイム>西軽井沢登山口9:45→尾根分岐10:40→大野山山頂11:00→天文台11:10→岩めぐり→12:00(昼食)12:30→渓谷の森公園13:45

台風の影響も心配されていた週末でしたが、進路がずれて暑い秋晴れの朝に三ノ宮に集合。車2台に分かれて大野山登山口に向かいました。プチ情報として、この山の読み方は「おおやさん」と言い紫陽花が有名で、岩めぐりも楽しめる山です。スタートは西軽井沢登山口から。車が入って大丈夫なのか?と心配になるような細い道をしばらく行くと小さな駐車場がありました。車1台を下山口駐車場にまわしてもらっている間にしっかり準備体操。登山道は広く登りやすい道が続きます。30分ほど登ると、時折遠くまで見渡せる景色が楽しめて、1時間少々で山頂到着です。ハイカーに会うことはなかったですが、山頂には鷹を撮ろうとカメラを構えて待っている方たちがいました。例会の謳い文句のごとく、山頂から360度見渡せる眺めは素晴らしく雄大でした。昼食にはまだ早い時間だったので岩めぐりへ。花立岩、腰掛け岩、大夫婦岩を見てから昼食をとり下山。下山道は渓谷の森公園を目指す道。人があまり通っていないのか道が荒れていて細く、傾斜が急なので慎重に下りました。渡渉が数回ありましたが、特に危険な箇所はなかったです。下山後は奥猪名健康の郷で汗を流し、新しくできた宝塚北サービスエリアで買い物を楽しんで帰路につきました。(O)
<コース状況>危険個所なし。山頂の展望がよい。下山道は細く傾斜が急のため注意が必要。