鈴鹿石谷川本流 2019.7.21.

山行部

日程:2019年7月21日(日)
メンバー:会員8名
天候:曇り

<アクセス>三宮 7:00⇒石谷川林道 9:00
<コースタイム>9:30 入渓→9:45 頂礼井戸の滝→13:00 白雲の滝 13:45 下山開始→14:15 林道(駐車場所)
雨は降ってはいないものの、どんよりとした曇り。水は濁っているよね、寒いだろうし、もう温泉だけ入って帰ってもいいよね、とテンション下がって到着したものの、沢道具を装着し始めると、やはりわくわくします。入渓すると、水量が多く、早速腰までつかる。最初の大滝、頂礼井戸の滝を高巻きしているとき、前を歩くKさんの叫び声が。小さいマムシがにょろにょろと逃げていくところ。計画書に「へびに注意」とあったけれど、早速に出会いました。水量が多くて流れが強いので、小さな滝も迫力があって、越えていくのが楽しい。今日の核心部だったはずの七つ釜のゴルジュは、水量が多すぎるので高巻き。白雲の滝では、Sさんが滑りやすそうな岩壁をリードで登って、ロープを張ってくれました。Hさん、Mさんが、慎重に足元を確かめながら登っていくのを見て、岩壁を登るのをパスして高巻きであっさり滝の上に。小雨が降り始めたし、この先はいいでしょ、終了とCL。そうなら、岩壁チャレンジするのだったなと少し後悔。登山道を歩いて車に戻って、靴を脱ごうとしたら、靴からヒルがにょろにょろと!もう、パニックになって、Sさんが塩ふってくれて、Kさんがジョニーかけてくれて、Nちゃんが冷静にヒルをとってくれました。私と森本さんは、思いっきりヒルにヒルみましたが(これは CL 作)、他の皆さんは淡々とされていて…すごいです。お風呂によるため車を降りるとき、ふと足元を見たらサンダルの間からヒルが!私の血を吸って丸くなっている~!Nちゃんがジョニーをかけて退治してくれました。沢登りは楽しかったのだけど、ヒルにびっくりしすぎて、気持ちが少し疲れました。(家に帰って沢靴を洗っていたら、またヒルが 2 匹……、もういや~、Nちゃん、助けて!)(S.K.)
<コース状況>雨の後で水量が多く、釜も深くなっていた。
<特記事項>ヘビ、ヒルに注意!!

”マムシ”、”山ヒル”でます。

下山後の入浴は「亀山白鳥温泉」に、入湯料300円(ただし、石鹸・シャンプーは別)

白鳥の湯 | 亀山市