地獄谷から荒地山 2019.7.6.

ハイキング部

夏山登山教室岩場歩きトレ 

日程:2019年7月6日(土)
天候:曇りのち晴れ
メンバー:45名

CLの説明を聞く

<アクセス>阪急芦屋川駅 8:30 集合
<コースタイム>9:00 芦屋川北公園→9:15 高座の滝→9:20 地獄谷入口(ハーネス取付)9:30→10:20A懸→10:45 ピラーロック→11:30 途中昼食 11:45→11:50 岩梯子→12:20 荒地山 12:30→12:35 道畦谷北尾根入口→13:55 芦屋川北公園到着(代表して 1 班記録を掲載)
<1 班参加者>8名
例年に比べ雲が多く、日がさす時間が短かったため比較的行動しやすい 1 日でした。とはいっても熱中症の危険性は高くその対策も行いながらのハイキングとなりました。今回は地獄谷の岩々を登攀しなければなりませんでしたが、全員が助けあい、事故もなく通過できました。また、A懸~ピラーロックあたりでは道に迷いかけましたが班員が意見を出し合い、大きくルートを外れることなく通過することができました。「助け合う」ことの大切さを痛感したハイキングとなりました。
<2 班参加者>8名
班全員怪我もなく無事に下山できてよかったといつも以上に思えるルートでした。登る途中にザック脇のペットボトルが落ちることがあって、班長からそのことがいかに危険かの説明を受けて、今まで気がつかなかったことを勉強できました。個人的には、岩登り A 例会を2回だけでも参加していた後だったので、落ち着いて岩場を登れたと思いました。
<3 班参加者>8名
今回は、各班の独立行動で我が班は3班。装備を整え、地獄谷に入るも先頭の副班長さんはベテランで岩の上をハイピッチ。何度か、班長さんたちの警告を受け、やっと追いつく。小便滝は、今回は水が流れている。小休止を入れながら、沢とあって滑りやすいところもあり、大岩との格闘が続く。地獄谷を脱し、A ケン、ピラーロックを経て尾根に上がった所、城山と岩梯子への分岐あたりで昼食をとる。荒地山で記念撮影。下山は、道畦谷北尾根が予定のコースであるが芦屋ゲートとの分岐が標識もなく分かりづらい。ここは、SL の副班長さんの長年の勘と「ヤマレコ Map」の助けでクリアーしたものの、道があるのかないのかわからない中での岩伝いの激下りが続く。流石に、「昭文社」の山地図には記載されていない程のコースである。芦屋川沿いの一般の登山道に出てホッとする。前回の山の会で行われた同コース通りにトレースすることができた。
<4 班参加者>8名
夏山山行を間近に控えた最後の夏山登山教室で参加者の意気込みが強く感じられる例会であった。登山開始前の集会で訓練事項、注意事項を再確認し 9:00 にスタートする。地獄谷で簡易ハーネスとヘルメットを各自装着し登山を開始する。前夜の降雨の影響で足場が濡れ滑りやすい状況で足場の確保が難しい沢の岩場では、滑り落ちそうになる人もいたが何とか無事にクリアーできた。その後ピラーロックで休憩しキャッスルウォールに向かう。テーブルロックで昼食後、荒地山山頂を経て下山を開始した。途中芦屋ゲート方向に道迷いをしたが先頭を歩く副班長がすぐに気づき直ちにルート復帰した。その後激下りのルートを無事に通過し下山した。夏山訓練のために充実した例会であったと思う。
<5 班参加者>6名
来週の穂高登頂に向けた岩稜体トレーニングとしての例会。蒸し暑さがピークの地獄谷を少しのスリップも見られたが、受講生の皆さんも無難に通過でき、ピラーロックに着いたときには涼しい風も出て心も体も癒される思いがした。5 班の方々は歩行も順調で軽快に山行できました。来週の修了山行もしっかりと歩行してください。班長・副班長お疲れさまでした。
<6 班参加者>4名
6 班はスイス遠征チーム。4人中3人が地獄谷からピラーロック手前までアイゼン装着。食事中大きな猪が 1 匹近寄って来、班長が大声で威嚇し危険が回避。遠征チームはアイゼン装着練習が無事終了できた。
<ほか反省点>
・無線の事前点検を怠り不備に気付かず、交信による相互確認が不十分になった。
・荒地山分岐からのピストンでショートカットした班を最後尾と勘違いし 2 班置去りで先着してしまった。各班の行動把握がおろそかになり最悪、遭難に繋がる問題点として反省。
・受講生は当トレーニングで初めてヘルメット、スリング等の装備を揃える方がいます。次年度からは座学で事前にもう少し詳細な装備説明を行いフォローしたい。(以上 CL)
・ペットボトル等をザックの外に付ける際は、カラビナ・細引きで緊結する落下防止が必要。ヒヤリハットとして報告します。
<コース状況>
・地獄谷は別のパーティもあり大変混雑。フィックスを張った訓練はできませんでした。また沢沿いの道は岩が濡
れて滑るので足場確認を十分行う。
・道畦谷北尾根は例年、道迷いが発生しています。常に現在位置を把握しておくことが大事。

簡易ハーネスを付ける
地獄谷の入口
受講生難なくクリア
万物相で休憩
岩梯子