山行部登山教室修了山行in空木岳 2019.4.26.-28.

神戸中央山の会例会風景山行部

雪壁・雪稜の春山バリエーションルート

日時:2019年04月26日(金) ~ 2019年04月28日(日)
メンバー:会員8名
天候:27 日 霧・曇り・強風、28 日 快晴

<アクセス>三宮なか卯前20:30、阪急西宮北口 21:00⇒大津SA 合流
<コースタイム>
【4/27(土)】菅の台バスセンター⇒林道終点 07:20→タカウチ場 07:50→池山尾根水場 08:40→マセナギ 10:40→大地獄 12:25→小地獄 13:25→ヨナ沢ノ頭 15:00→宿泊地 15:30
【4/28(日)】宿泊地 06:00→空木岳カール 07:10→駒峰ヒュッテ 08:20→空木岳 08:35→空木岳カール 09:30→宿泊地 10:00(テント撤収) 宿泊地 11:00→小地獄 11:20→大地獄 13:00→マセナギ 15:00→池山尾根水場 15:50→タカウチ場 16:50→林道終点 17:10

1 年間に渡った山行部登山教室の修了山行。当初の予定では杓子岳の双子尾根であったが、27 日(土)の天候が悪かった為、急遽中央アルプスの空木岳へと変更となった。このコースは昨年の修了山行で使用されたコースであり、経験済メンバーより「長いよ…」と恐ろしい事前情報をもらう。
27 日、霧の中歩き始めるが最初から急登で息が上がる。4 時間程で核心部の小地獄へ到達。1 ピッチ目はブッシュと痩せ尾根で形成されごちゃごちゃした感じ。2 ピッチ目は急な雪壁。両ピッチ共、K 口さんがリードしてくれた。ありがたや。確実な蹴り込みで着々と登っていく姿、とても頼もしかったです。核心部を抜けるとテント場まで後少し。なのだけれど風が滅茶苦茶強い。時々吹っ飛ばされそうになる。この時、山域を変更して中央アルプスにして大正解!グッジョブCL!と心の中で拍手喝采しました。こんな天気で北アルプス行ってたらもっとえらい事になっていたでしょう。
夕飯は餃子にローストビーフ、松茸風炊き込みご飯、ハンバーグ…等々豪華絢爛。元は2 回分の夕飯食材を量を減らして持ってきてくれた。お腹いっぱい食べ、就寝。すやすやとよく寝た。
28 日は快晴。うっかり寝過ごしてしまい、出発が1 時間ばかり遅れる。誰も目覚ましをかけていなかった。某メンバーが阿弥陀南陵にアタックした時に寝過ごした話を聞く度に笑い転げていたが、よもや自分がこんな事になろうとは。山は恐ろしい所だと再認識する。さくさく朝飯を食べて出発。空木岳までは危険個所ゼロ。快適な稜線をひいひい言いながら登っていく。そんなに急では無いが、長くてしんどい。ようやく空木の山頂に立ち、全員で写真撮影。雪に覆われた中央アルプスの山々は美しく、太陽の光が反射してキラキラ光っていた。
下山は元来た道を行く。つまり昨日登ってきた核心部を下らなければならない。テント撤収後、気を引き締めて登攀準備を整えて再出発。登頂の喜びはこの時点で吹っ飛んだ。なんせ今から一番怖い所が待っている。昨日同様、2 ピッチ分フィックスを張り、プルージックで通過。幸運な事に昨日から何名かの登山者が通過したおかげでトレースがきっちりできており、しっかりした階段になっていた。ありがたや。無事核心部を抜け、続いて大地獄も通過。ここは鎖や階段があるもののロープは出さない場所なので緊張していたが、雪が緩んでいたため覚悟していたほど怖くなかった。
核心部を抜けた後、うんざりする程長い行程を歩き、17 時過ぎに林道へ到着。最後に登山教室生から挨拶を頂き、登山修了。1 年間お疲れ様でした。晴れの山行に同行させて頂きありがとうございました。
<コース状況>核心部には50m、60m ロープが1 本ずつ必要
<特記事項>特になし