雪山ハイキング 木曽駒ヶ岳2956m 2019.4.20.-21.

神戸中央山の会例会風景ハイキング部

日時:2019年4月20日-21日
メンバー:会員8名
天候: 晴れのち曇り

<アクセス>4/20(土)三宮9:30 集合⇒15:00 駒ケ根ユースホステル
<コースタイム>
【4/21(日)】6:30 ユースホステル⇒8:30 千畳敷駅→9:33 乗越浄土→10:07 中岳→10:33 木曽駒ケ岳→11:12 中岳→11:33 乗越浄土→12:22 千畳敷駅

前夜祭の余韻が冷めやらぬ早朝5:30 に起床し6:30 に宿舎をスタートし、朝1 番のケーブルに乗車し千畳敷駅に8 時過ぎ到着した。参加者の半数が3000m級の春の雪山登山は初めてで期待と不安が入り混じるなかスタートした。千畳敷カールを登っているあいだは晴天、無風の快適なコンディションで急登ながらも快適な雪山ハイキングを満喫できた。しかし稜線に出たあとは天気予報通り曇天に変わり寒風吹き荒れる厳しい気象のもとでの雪山ハイキングとなった。下山途中で下記のヒヤリハットが起きたものの、CL をはじめ経験者のアシスト・アドバイスを受けながら、予定通りのコースタイムで無事に終了した。雪山初心者にとっては勉強になる貴重な体験となった。(K)
<ヒヤリハット>下山途中、千畳敷カール手前の下りの急斜面で2 名が足をとられ雪上を20-30mほど滑走する。岩の露出はなく2 名とも無傷であった。