早春の藤原岳バスハイク

神戸中央山の会例会風景ハイキング部

<日程>2019 年3 月31 日(日)
<参加者>会員26名
<アクセス>三宮(ヤマハ向かい) AM 7:00 集合
<コースタイム>10:00 コグルミ谷出会~11:50 昼食~13:00 天狗岩~13:30藤原山荘~16:00 神武神社

登山口は桜が咲く

藤原岳は、何回目かな?20 数年ぶりかな?前回の記憶も殆どないな。超久しぶりの藤原岳、数年ぶりのバスハイクに胸が高鳴ります。 前日の雨も上がり、車窓から快晴の鈴鹿の山々が私達を迎えてくれます。 出発地のコグルミ出会から、いきなりの急登となりますが、SL がグイグイ引っ張ってくれます。 それに続く各班も負けてなるか?と、ピッチを上げて行きます。 約1 時間で稜線に出ます。 此処からは、緩やかなアップ、ダウンにホットします。 瞬く間に雪が降り出し一面の銀世界です。
風雪が徐々に強くなり、昼食は、少しでもそれを避ける場所を選びますが震えながらのランチとなりました。 しかし、ランチタイム後、天狗岩からの鈴鹿山系の展望は、寒さを吹き飛ばしてくれる程、素晴らしいものでした。 藤原山荘で天候が益々悪化し、CL が藤原岳山頂へ行かず、ここから下山する事を決断します。 霰(あられ)の降る、ヌルヌルの登山道を慎重に下山します。 転んだら大変、ドロンコになります。 しかし、残念無念、滑って転んでドロンコになった人も数人おられ可哀そう。涙、涙。 ヌルヌル道の終わり辺りで、皆が待ち望んでいた「福寿草」を発見‼ 嬉しそうにカメラに撮る人もおられました。
下山口の神武神社に予定通りの16:00 着。此処は、洗い場があり助かりました。靴を、ストックを、ザックを、滑った人は真黒になったお尻を洗ってバスに乗車。洗わないとバスに乗せて頂けません。(笑) 3 月31 日の藤原岳でまさか、まさかの雪、霰、強風、とは。予想外でした。 しかし、それでも、天狗岩からの鈴鹿山系の素晴らしい展望、ネコノメソウ、福寿草にも出会えて楽しい一日でした。 (K.K.)
<ヒヤリハット> 無
<特記事項> 3月末の鈴鹿山系は万全の防寒対策が必要

お目当ての福寿草