森守ボランティアが迂回路として整備

News&Topics

当会のクリーンハイクルートであるトゥエンティクロスのあじさい広場下が崩落で通行できなくなったので、会の森守ボランティアが迂回路として整備した、蛇ヶ谷から分水嶺越林道を回るルートが、神戸市(建設局公園部)森林整備事務所によって正式の迂回路として認定され、広報されました。

森林整備事務所には、森守ボランティアの活動に大きなご協力を頂いており、日頃から密接に連携しながら、ルートの整備、維持に努めています。

会で整備維持し、会の中での呼称「あじさい広場」が公式な地図に初めて記載されました。