秋の八幡谷・住吉川を歩こう 六甲・八幡谷

ハイキング部

<日 程>2018 年11 月23 日(金・祝)天候:晴れのち曇り
<参加者>会員10 名
<アクセス>阪急岡本駅08:30 集合
<コースタイム>阪急岡本8:30→8:40 八幡神社→8:50 八幡谷登山口→9:00 山の神→9:50 打越峠→11:05 雨ケ峠→11:30 本庄橋跡→12:25 一軒茶屋(昼食)13:05→14:50 本庄橋跡→15:10 五助ダム→15:20 石切道登山口→16:00 白鶴美術館

当初の予想に反して良いハイキング日和となり、メンバーの賑やかな声が木漏れ日の中に響き、衣服調整しながら行程は順調に進み、雨ケ峠で小休止。本庄橋跡から七曲り~一軒茶屋へのエネルギー補給とばかりに、CL からほのかに温かい蒸かし芋が
振舞われ、みんな舌鼓をうった。(岡部レシピによると、電子レンジ600W で2 分加熱後、解凍モードで更に10 分加熱らしい)程よくしっとりとした食感で喉にスルッと入り、チャージ完了! よし、ひと踏ん張りしよう。一軒茶屋では流石に風が冷たく感じられ、震えながらの短い昼食タイム、元気なメンバー二人は最高峰で昼食を摂った模様。昼食後の下山ルートは有馬温泉へではなく、本庄橋跡分岐(西滝ケ谷方面)から五助ダムへ降りるという少し珍しいルートを選択。いつの間にか先行の人と距離が開いてしまったが、チームワーク良く、見落としがちな分岐では待っていてくれて合流できた。メジャールートではなかったせいか、下山まで殆ど他のパーティに会うこともなく、ゆっくりと今が見頃の紅葉の静かな谷合を降りることができた。このコース良いな~☆。凡そ16km の今日の山歩きを終える頃には、もう夕方近くになっていたが、全員無事下山できた。リーダー、きめ細やかなご連絡ありがとうございました。皆さま、またご一緒しましょう。(角中)
<コース状況>危険個所なし。
<特記事項>ヒヤリハットなし。