大山で雪訓 2019.12.27.-28.

山行部

日程:2019年12月27日(金)-28日(土)
メンバー:会員7名
天候:雪後曇り

<アクセス>【12/27(金))】JR 三ノ宮駅北側なか卯前 21:00⇒別所⇒勝央⇒24:00 大山駐車場
<コースタイム>【12/28(土))】)】夏山登山口 07:25⇒08:19 三合目⇒08:52 五合目⇒08:57 行者谷分かれ
⇒09:12 六合目避難小屋⇒10:12 八合目⇒10:31 石室方面との分岐⇒11:10 大山頂上避難小屋⇒11:38 石室方面との分岐⇒11:44 八合目⇒12:13 六合目避難小屋⇒12:24 行者谷分かれ⇒12:30 五合目
⇒13:02 元谷堰堤右岸分岐⇒13:32 大神山神社⇒13:47 大山寺⇒13:53 大山館

【12/27(金))】年末の仕事納めと重なり、週末の三ノ宮駅前は賑わっていました。メンバー7 名の内5 名の皆さん時間に遅れることなく集合し、駅前をスムーズに発着できました。早速、高速に乗りますが、帰省時期にも拘らずスムーズに流れていきます。途中、姫路近辺にて 2 名と合流し、目的地に向かいます。当初予定の下山野営場は閉鎖されており、登山口近くの有料駐車場に駐車し、すぐ隣にテントを張ることになりました。真新しいトイレも近く、環境は良さそうです。テントを張り終えると、近くのコンビニにて調達したものをさかなに大半の皆さんはビールで一杯といったところです。
ほどなくして、皆さん眠りにつきましたが、皆さん静かに寝入っているようです。ただ、駐車場は雪で覆われていたので、一応雪上でのテント張りとなり、冷えが伝わってきます。シュラフの性能が不 十分な故か、寒くて寝られません。そこで、夏用のシュラフをインナーとして重ねましたが、何とか寝られるようになりました。寒さ対策として別にオーバーパンツは持参していたものの、カイロを持参してい れば簡単に暖をとれたか。
【12/28(土))】早朝5:30 には皆さん起床できたようで、テント内に揃ったところで、カップラーメン等思い思いに持ち寄ったもので朝食を済ませる。天候のこともあり、予定より若干時間を遅らせ、7:25 の出発となった。それでも、景色を期待できる雰囲気はない。ヤマレコ掲載の写真に見られる通り、登山道は初めよりうっすらと雪に覆われています。出かける前は、雪に恵まれるか心配していたものの、アイゼンを装着して登っていけました。登っ ていくにつれ、樹氷等の眺めも楽しめました。そうこ うするうちに、ときとして雲の中に晴れ間も見受けら れ、景色を楽しめる瞬間も得られました。景色を楽し むために立ち止まったりしたお陰か、登るペースもゆ ったりしたもので、シニア組としては楽に登れました。大山の小屋の設備は現在改装工事の真っただ中のようです。ただ六合目の避難小屋はキレイに改装を終えていました。また頂上の避難小屋は改装中ということもあり、泊まったりするにはもう少し時間を要するようです。なお頂上の気温は氷点下 4℃でした。下山は登ってきた道を降りますが、五合目あたりで元谷の方面に方向転換し、大神山神社を経由して元の駐車場に戻りました。(T)
<コース状況>危険個所なし。
<特記事項>ヒヤリハットなし。

トイレ綺麗になっていました
ブナ林を行く
二合目 雪降っています
四合目 「山の神さま」前
六合目の雪だるま
避難小屋は新築2階建です
トイレは便座だけです
雪山らしくなってきました
霧氷
弓ヶ浜
元谷と三鈷峰
八合目
凍るダイセンキャラボク
木道を進む
頂上小屋 屋根に太陽光が載っています
マイナス4℃
小屋は仮設状態
350円、豆腐ソフト