小田原川本谷 2019.6.23.

山行部

沢登入門第2弾 

日程:2019年6月23日(日)
メンバー:会員13名
天候:曇り

<アクセス>車4台(三宮、西神中央、姫路)
<コースタイム>9:20 入渓→10:15(休憩)10:25→11:25(昼食)11:45→12:20(休憩)12:30→13:00 黒岩滝(ロープ2本設置)13:55→14:40 水止堰堤(沢装備脱着)15:10→16:15(駐車地点)
本日は登山教室とのコラボ例会。9:10 CL から注意事項伝達、そして体操のあと 9:20 に入渓。天気は曇天で水温は低そう。入渓してゴーロ状の所を少し歩くと大きな堰堤にぶつかる。右を軽く巻き沢に戻り暫く進むと岩間にかかる小滝が連続してあらわれ「沢にきたー!」と楽しい雰囲気になる。水質はあまりよくないが苔むした岩、谷に覆いかぶさる緑、小鳥のさえずりに癒され歩を進める。簡単そうに見える小滝も、ときにはお助けロープに助けられなんとかクリアーしていく。次から次へと小滝が現れ、そのしぶきとマイナスイオンを体一杯に浴び都会での憂いが洗い流されていくようです。
11:25 岩の台地(?)で昼食、その後一時間弱で本日の核心部黒岩滝に到着。黒岩滝では左岸と右岸に2本ロープを設置していただき、右岸は保険 10 口の人、左岸は5口と分かれて登攀。私は 5 口で左岸でしたが途中すこしだけ苦戦したがなんとかクリアー。人間は勝手なもので左岸クリアーできると右岸もやってみたかったナァーと思ったり・・・。でもやっていたら恐らく墜ちていたでしょう。
取り付きが非常に苔むし手掛かりがなさそうだったから。保険 10 口の方は流石に皆さん上手でスイスイ登られていました。その後も小滝、滑滝があらわれ疲れた足に鞭打ち CL の後を付いていきました。程なくして谷も明るくなり水の流れも傾斜も緩やかになり終了点の水止堰堤に到着。水止堰堤から登山道を一時間ほど下り起点の駐車地点へ戻る。
今日感じたことは、沢は楽しいが初心者向けの沢でも常に怪我と隣り合わせなんだナァーと実感しました。最後に総 CL はじめ各スタッフの皆様、初心者連れの沢登り大変ご苦労だったろうと改めて感謝致します。有難うございました。また運転をしてくださった方々にもお礼申し上げます。
<コース状況>特筆することなし。
<特記事項>ヒヤリハットなし。