早春の唐松岳に挑む

山行部

日時:3月23日(土)
メンバー:3名
天候:曇り

<アクセス>22日神戸20:00⇒2:00八方第二駐車場車中仮眠(神戸組)
<コースタイム>八方駅7:30⇒8:20八方池山荘→9:00八方ケルン→10:38丸山ケルン→11:44八方ケルン→12:06八方池山荘

神戸組ベテラン2名は前日夜出発、東京からの参加者1名(私、吉村)と朝、現地でおちあいました。天気のほうは今一つの予報の中、稜線上での雪山テント泊は断念し、麓で3人で宿泊する予定でしたが、同時期に栂池組(大経大ヒュッテ宿泊)例会が開催されていることに直前、SLが気づき、「登山後、大経大ヒュッテに乱入」計画も検討。ただ、栂池に移動し、ゴンドラ、ロープウエーでヒュッテに到達するには、山頂到達は難しい中、とりあえず、登りつつ考えようということで出発しました。

ゴンドラに乗って八方尾根に

途中、強風にも遭遇し、「まるで修行…」の言葉も漏れる中、「もう少し上がってみよう…」と山頂を目指します。第3ケルンを越えるころから風もおさまり、わりと快適に丸山ケルンに10時半ころ到達。唐松岳山頂や鹿島槍、不帰なども臨めましたが、山頂まではあと1時間。「これ以上行くと、15時の栂池ロープウエーに間に合わん」と「山頂」と「大人数のヒュッテ宴会」の今冬最大の選択を迫られ、全員一致で下山を決断しました。
ベテランのお二人にとっては、なんてことはないコースであったと思いますが、ピッケル使用2回目かつ怖がりの私、吉村にとってはピッケルを握ったまま動けない瞬間もありましたが、おふたりのアドバイスにより、本当に楽しいご機嫌な雪山になりました。本当にお世話になり、ありがとうございました!

先行チームが雪雲をあげ登る
スタート
強風が吹き付ける
鹿島槍、五竜
不帰

ヒュッテでは、大勢の方に合流し、いつもの宴会。ヒュッテとは思えないような素晴らしい夕食をご用意いただき、小屋の環境も快適、これまたご機嫌な宿泊となりました。栂池組の皆さん、突然の乱入にもかかわらず、快くお迎えいただき、どうもありがとうございました!
翌朝は、栂池組とヒュッテでお別れし、3人で朝の9時半から八方温泉「八方の湯」に立ち寄り。これまた源泉かけ流しの極楽温泉でした。(T.Y.)

快適な夜を過ごす
麓も積雪

<コース状況>危険個所なし。ただ、私たちが登った日に丸山ケルン付近で3人別々の滑落事故があったそうです。
<特記事項>ヒヤリハットなし。