表妙義縦走 2019.11.3.

山行部

<日 程>2019年11 月3 日(日)
<天候>晴れ時々曇り
<参加者> 会員6名

<アクセス>阪急西宮北口20:00⇒道の駅妙義3:00
<コースタイム>
1日目 旧国民宿舎裏妙義7:30→丁須の頭11:00→赤岩11:55→烏帽子岩12:30→風穴尾根の頭12:45→三方境13:00→旧国民宿舎裏妙義14:20⇒八風平キャンプ場
2日目 八風平キャンプ場⇒妙義神社6:45→大の字7:45→奥の院8:15→ビビり岩9:00→背びれ岩9:20 →天狗岳→茨尾根のピーク→鷹戻しの頭13:20→第4石門15:10→妙義公園管理事務所15:30⇒(タクシー)⇒ 八風平キャンプ場

【2日目 表妙義】
今日は妙義神社から。滑落事故があったようなので気を引き締めていく。立派な山門をくぐり白雲山登山口から入山。2段15mの鎖がありここも「通過が困難なら引き返すべし」。事故が多いので警告をしている。大の字へはザックをデポして鎖を登る。下からよく見える大の字。とても眺めがいい。奥の院で石仏をみたあと、ビビり岩、背びれ岩、大のぞきの後の滑り台状10m2本と30m鎖などデンジャラスゾーンの連続。所々見晴らしのいいところから、昨日登った丁須の頭が見える。なんだか親近感が沸いてうれしいが、首のところがいまにも折れそうにみえる。きっと近いうちにポキンと行く。早めに登っておいて良かった。しばらくいくと「この先危険」の看板が。ところどころから中間道に下りることができるようになっている。新しいアルミの梯子をのぼりいよいよ鷹戻しへ。遠くから見ると垂直にそそり立っているように見えたが、ちゃんと登れるように整備してくれている。鷹戻しからの長い下りは懸垂で安全に。その後第4石門から下山した。
両日とも緊張の連続するコースだったが始終なごやかで楽しい山行だった。また、ご馳走あり焚火ありの極楽キャンプを楽しませていただいた。美味しかったな。ご馳走様でした。(S.M.)
<特記事項>ヒヤリハットなし。トンコレラが発生しており、下山後石灰で消毒が必要。