丹波・譲葉山594m 2019.11.2.

ハイキング部

兵庫の中央分水嶺を縦走しよう8

日程: 2019年11月2日(土)
メンバー:会員4名
天候:晴れ

<アクセス>名谷6:30 三宮7:00    
<コースタイム>8:30国領登山口→9:00見晴らしエリア→9:20瓶割峠→11:00譲葉山→12:10梅境→13:30分水界展望所→13:50水分れ公園→14:10国領登山口

久しぶりの中央分水嶺縦走。直前にI女史がキャンセルとなったため、男4名の例会となった。当会に所属して男だけの例会は初めての経験。登山口でまさに登ろうという寸前に地元の方から“最近クマが民家の柿を食べに来よる”とお聞きしたが、一同熊鈴は持っていないため笛を吹いたり手をたたいたりして恐る恐る登山開始。
途中の見晴らしエリアからは、来年の大河ドラマ“麒麟が来る”の明智光秀の丹波攻めの舞台となった黒井城跡が見える。譲葉山までは距離が短いもののかなりな急坂でCLの喘ぎ声が聞こえる。譲葉山頂上には、譲葉(ゆづるは)神社もあったが、ここにはスケートファンの参拝者はなし。いつも通り激しいアップダウンを繰り返し梅境(うめのきょう)で昼食。向山には何度か行っているので急遽コースを変え清水山経由で降りることにしたが、途中標高551m辺りで道を間違えたか、向山と清水山の中間のかなりハードな尾根を降りることに(GPSで下山ルート確認取れたため)し、計画通り水分れ公園に予定よりかなり早く到着。ここは、日本で一番標高が低い中央分水嶺だそうだ。今回の縦走もアップダウンの連続で、すれ違う人もなし(頭上をカラスが2羽飛んで行っただけ)。天気に恵まれ楽しい例会となりました。(T)
車提供・運転のCL、大変お世話になりました。
<コース状況>枯れ木、落ち葉が多くアップダウンが激しいコース
<特記事項> やはり単独行は危険

瓶割峠 ここから中央分水嶺を歩く