甲陽園~東おたふく山~岡本 2019.10.22.

ハイキング部

日時:2019年10月22日(祝)
メンバー:13名
天候:晴れ

<コースタイム>阪急甲陽園駅9:00→9:13銀水橋公園→10:42鷲林寺→11:14観音山→11:41奥池→13:14東おたふく山→14:34風吹岩→15:21保久良神社→15:53阪急岡本駅

先ずは北山公園に寄り

心配していた台風も過ぎ去り、朝から天気が回復する。定刻に出発し、まずは銀水郷公園で準備体操。北山公園をなだらかに縦断すると視界が大きくひらけ北山貯水池に至る。さらに参道である急な石段を登り鷲林寺で休憩、一同ホッとするがまだまだ行程の1/4でしかない。ここから、観音山までは3つのルートがあるのだが今回は真ん中の最も急な直登ルートを行くという。実際、そこそこの岩場もあり結構歩きごたえがある。頂上からは眺望が素晴らしい。奥山貯水池にて昼食をとり、芦屋の邸宅街を経て東おたふく山を目指す。東おたふく山では、他のハイカーたちも居て賑やかだが暑い。ここまで来ると風吹岩までの登りはあるものの後は基本、降りである。だが、前日までの雨のせいかぬかるみも交え、地道も結構滑りやすい。ダラダラとした階段道を降りるとやっと保久良神社に着く。
手許のスマホを見ると歩数は三万歩を超えていた。
少し長めの行程で、気温も上がり暑く感じられたがしばしば吹く風は爽やかで十分秋の風情である。紅葉はこれからだ。(H.O.)

<コース状況>危険個所なし。山頂の展望がよい。
<特記事項>ヒヤリハットなし。眺望良し。

北山貯水池の横を通り
鷲林寺から初まる岩場を越え
敢えて直登ルートを選び観音山へ
観音山から甲山、阪神競馬場、宝塚ゴルフ場を眺む
芦屋の別荘地、奥池に
カエデの紅葉
東おたふく山は秋の景色でした
いつもの雨ケ峠から保久良神社への長い下りを歩き岡本駅へ