森守ボランティア 植樹場所整地 2021.10.6

自然保護部

日時:2021年10月6日(水)
参加者:7名
天候:晴れ

今期の森守ボランティア活動でヤマザクラの植樹を行うことになり、10月5日に森林組合に出向き、植樹の注意点等のレクチャーを受けました。
桜植樹の注意点
① ヤマザクラは日当たりの良い場所を好む。
② 植樹の間隔は木の成長を考慮し、6m位が必要。(かなり広い)
③ 夏場の渇水期には水遣りが必要。掛水が広がらないように、苗木の周りに土手を作ること。
④ 苗木に竹の支柱を立て、シュロ縄で結束する。
⑤ 植樹の適期は2 月末~3 月初め。
10 月6 日は、ヤマザクラの植樹の準備作業として、河童橋~トゥエンティクロスで、植樹場所の選定と穴掘りを行いました。目的地に到着後、植樹場所の選定を行う。まずは周囲の草刈りをして穴掘りにかかる。笹の根が絡むし、岩も多く出て手ごわかったです。穴の大きさは1m、深さ60 ㎝位。参加者7名で5 個の穴を掘りました。予定の場所には残り8 本位は植樹できそうでした。総数13 本位の苗木が植樹できる予定です。
森林組合からは2月末に苗木15本と資材等の提供を受けます。来年の2 月末までに残り8 個の穴掘りを完成させ、3 月のクリーンハイクで植樹を実施したいと思っております。
是非、これからの「森守ボランティア植樹例会」への参加をお願いします。(H)

あじさい広場で休憩
来年早春に山桜を植樹予定
植樹場所を耕します
ツルニンジンが咲いていました