晩秋の兵庫最高峰 氷ノ山1510m

ハイキング部

<日 程>2018 年11 月18 日(日)天候:晴
<参加者>会員13 名
<アクセス>JR 三ノ宮駅北側なか卯前7:00⇒9:15 福定親水公園
<コースタイム>9:30 福定親水公園→9:50 不動滝→11:10 氷ノ山越→12:20 氷ノ山頂→15:00 東尾根避難小屋→15:30 駐車場→16:10 福定親水公園

当初は前日発の例会と福定親水公園で合流の予定であったが、前日の天候等の影響もあり、前日発の例会が予定変更となったため、単独での例会となった。福定親水公園の駐車場が満車ではないかと心配したが、無事3 台とも駐車できた(紅葉がピークを過ぎていたためか?)。いきなりの急登で、しかも落ち葉が積もった登山道は木の根やくぼ地があり足元が安定しない。左右に滝を見ながら、また一本の木に7 種類の樹木が絡んだ“連樹”を観察しながら氷ノ越に到着し、小休止。Sさん持参の美味しい柿を頂く。山頂までは、かなりぬかるんだ登山道を滑らないように登る。山頂では思った以上の登山客がいたが、幸い避難小屋が空いておりほぼ全員が避難小屋で昼食。昼食後全員で写真を取ろうとKさんがシャッターを押す寸前、Aさんが近くにいた家族連れに撮影を依頼し快く応諾いただいた(一同外人パワーに驚く)。
下山道は更に泥沼。滑らないよう細心の注意を払いながら歩くも2~3名の方がスッテンコロリン(幸い怪我はなし)。神大ヒュッテ・東尾根避難小屋を経由し、ススキのきれいな下山口に到着。全員がスキー場の小川で一列になり泥にまみれた靴・ストックを洗う。(通過する車から見ればさぞかし異様な光景だっただろう?)山頂の気温は曇り・気温3℃の予報であったが、CL の普段の行いがよいのだろうか? 快適な一日を過ごせました。ドライバーの方、運転有難うございました。参加者の皆さん、お疲れ様でした。(田中)
<コース状況>登山道は整備されており問題なし。
<特記事項>雨上がりには、スパッツ必携!