堡塁岩滑落事故について

News&Topics

11月15日(日)堡塁岩での例会中に、会員1名の滑落事故が発生しました。
現場での止血処置、ヘリコプターによる救命搬送を行い、病院での治療、検査を行いました。
検査の結果、完治6ヶ月と診断されています。
早期の回復を心よりお祈り申し上げます。

本会では、クライミング中の安全確保などに注意した運営を行ってきましたが、今回の事故を受けて
事故検証並びに今後の対策について再度振り返り、同じ事故のないように努めたいと考えています。

-本事故に関する動き-
11月15日(日)事故現場検証記録と参加メンバーによるレポート作成 4名参加
11月16日(月)ホームページ掲載
11月18日(水)安全対策部によるヒアリング、今後の対応協議 7名参加
11月25日(水)山行部会議案 26名参加
12月1日(火)山行部臨時部会(岩B CL経験者)11名参加 
12月2日(水)運営委員会による協議 13名参加
12月6日(日)クリーンハイク全体説明 41名参加、ハイキング部議案 25名参加 
12月12日(土)ホームページ資料室に「事故報告書」を公開
12月13日(日)事故報告会 午後1時半より 会事務所 19名参加
*機関誌「すずの子」に事故報告書を掲載し、周知するようにします。
2月3日(水)運営委員会にて「岩登り山行の指針」を承認
      自粛していたリスクの高い岩場(堡塁、不動、百丈)での例会実施を解除する